8月号 平成23年度税制改正 一部成立

平成23年度税制改正法案(一部)が6月22日に成立しました。

 成立したものの一部抜粋

【法人税関係】

●中小企業の軽減税率18%の延長

従業員を増やした場合に減税となる制度の創設

●一定の場合には仮決算による法人税の中間申告ができなくなる制度

●中小企業等基盤強化税制の延長  など

【所得税関係】

年金所得者の申告不要制度の創設

●上場株式等の配当・譲渡所得等の軽減税率(10%)の延長

●認定NPO法人等に寄付した場合の税額控除制度の導入  など

【相続税関係】

●住宅取得等資金贈与の非課税対象に土地の先行取得を追加・・・平成23年1月1日以後の贈与から

【消費税関係】

消費税の免税事業者の要件見直し

●仕入税額控除「95%ルール」の見直し  など



 先送りされた主な事項
【法人税関係】

○法人税率30%→25.5%への引き下げ

○中小企業の軽減税率18%→15%への引き下げ

○青色欠損金の繰越控除期間の延長(7年→9年) など

【所得税関係】

給与等の収入金額1500万円超の場合の給与所得控除の上限(245万円)の設定

役員給与等に係る給与所得控除の見直し など

【相続贈与税関係】

相続税の基礎控除の引き下げと税率区分の見直し

贈与税の税率区分の見直し

○相続時精算課税制度の受贈者に孫を追加、贈与者年齢を60歳以上に引き下げ など




所得税関係・相続税関係で特に注目されていた事項(赤色)については先送りとなりました。

震災の影響により、国会も混乱しております。

今後の税制改正の動向にはさらに注目が必要です。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック